ごぼう茶の効能とは?

ごぼうのパワーってご存知ですか?
ごぼうのミラクルパワーは、以前テレビで紹介されてから、かなり有名な話になりました。

 

そのごぼうのミラクルパワーの源となっているのが、ごぼうに含まれる 「サポニン」と「イヌリン」という成分なんです。

 

サポニンは、美容効果を高めてくれます。これにより若々しさを保ってくれる効果が期待できます。
また、イヌリンは水溶性の食物繊維で体を内側からキレイにする役割を果たしてくれます。
食物繊維によりスッキリ効果も期待できるんです!

 

このごぼうのミラクルパワーの効能を効率的に摂取できるのが「ごぼう茶」です。
お茶にすることで、毎日気軽に飲むことができますし、栄養素を吸収しやすくする効果もあるんです。

 

 

毎日の健康を考えている方、いつまでも若々しくいたい方は、
ごぼう茶をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

ごぼう茶などの健康茶は、毎日続けることが大切です。
ごぼう茶なら、味も飲みやすくすっきりしていますので、
毎日飲むのも苦にならないと思います。

 

 

ごぼう茶の特色をご紹介!

なぜこんなにもごぼう茶が注目されているのでしょうか。それはごぼうの持つ
歴史や特徴が優れているからです。ごぼうの起源はインドや中国といわれて
いますが、それ以外に地域でも古来から薬として用いられてきました。漢方
では牛蒡子(ごぼうし)と呼ばれていて種や葉を治療に使用していました。
種は湿疹、腫物、のどの痛み、葉は血流をよくして神経痛やリウマチにいいと
されています。

 

このようなごぼうですが食材として食べたりお茶として飲むのももちろんいい
でしょう。ごぼうには水溶性食物繊維のイヌリン、不溶性食物繊維のヘミセル
ロース、リグニンが含まれています。お通じが悪い人はこの2種類の食物繊維
をバランスよくとることが大事です。お通じだけでなく、利尿作用、血糖値
降下作用、コレステロール抑制作用があります。この中のリグニンにはガン
予防、抗菌作用があるため期待されているのです。

 

このごぼう茶はそれだけをひたすら飲むのではなく、他の食材を一緒に飲む
ことによってさらに効果が高まるので覚えておくと便利です。

 

動脈硬化予防にはわかめ、セロリ、えのき、こんにゃく
ガン予防には切干大根、しいたけ
コレステロール抑制にはひじき、豆腐、たけのこ
糖尿病予防には玄米、オートミール

 

どれもみんな身近な食材のため、用意するのは簡単だと思います。食事の時に
一緒に飲めば飲み忘れもありませんし、一石二鳥です。ぜひ毎日の習慣にして
健康な体を手に入れたいですね。香ばしく飲みやすいため普通のお茶と同じ
ように飲めるのもまたごぼう茶の魅力ではないでしょうか。

更新履歴