悪阻以外は特にトラブルはありませんでした

妊娠がわかったのと同時に、悪阻が始まりました。最初は、何か胃がムカムカする感じで、それを悪阻だとは思わず、きっとお腹がすいていて気持ちが悪いんだと思い、真夜中でも気持ちが悪くなると食べていました。

 

だんだんと胃のムカムカがひどくなり、気づけば常に船の中にいるような、船酔いしている感じになってきました。食べられていたものも、食べられなくなり、すべての匂いに拒否反応を示し、常にマスクをして過ごすようになりました。

 

悪阻のピーク時には、キッチンに立つこともできず、料理はしませんでした。主人は、外で何か買って食べてくるか、自分の実家へ帰って食べてくるかしていました。このころが、人生で一番痩せていました。

 

つわりで葉酸サプリが飲めないようなときもありましたが、できる限り飲むように頑張りました!

 

仕事もしていましたが、1時間に1回は、吐き気でトイレにかけこんでいました。こんな状態が5か月まで続きました。横になっても寝ていても常に気持ち悪く、いつまでこの状態なんだろうと少々気が滅入っていましたが、5か月になったある日、ピタッと気持ち悪さがなくなりました。

 

自分でもびっくりするくらい気分がすっきりしていました。匂いもそんなに気にならなくなり、少しづつですが、食べられるようになりました。食べられるってすごいことなんだとものすごく感激したのを覚えています。私の通った産婦人科は、体重管理について、厳しく、5キロまで増えても良いと言われました。

 

それ以上は、増やさないようにと言われました。体調も良くなったので、両親と戌の日に神社にお参りし、安産祈願をしてもらい、腹帯を購入しました。早速産婦人科で巻き方を教わり巻きました。

 

私の周りでは、すでに出産を経験していてお友達が数多くいたので、いろいろとアドバイスをもらい、妊娠生活を楽しみました。ある友達が、腹帯をしっかり巻いて、お腹が大きくならないようにした方が良い、お腹が大きくなると、赤ちゃんも大きくなるので、出産のとき、大変だと教えてくれたので、暑い日も、寒い日も巻いて過ごしました。

 

実際、あまりお腹が大きくならず、後期に入っても妊婦だと気付かれませんでした。また、甘いものを食べすぎると、頭の大きい子が産まれると聞き、できるだけ甘いものを控えて過ごしました。妊娠中は、なぜか甘いのもがほしくなり、我慢するのが本当に大変でした。私は、できるだけケーキやお菓子ではなく、果物を食べました。果物にヨーグルトをかけ、毎日食べました。

 

妊娠中は、便秘にもなりやすいので、このヨーグルトは大変役にたちました。そんな感じで、悪阻以外は特に大きなトラブルもなく、出産を迎えることができました。